バイオガス

バイオガスとは

・生ごみ、し尿、家畜糞尿などをメタン菌に分解(発酵)させると、バイオガスが発生します。このしくみを利用して、ごみ処理技術に応用することができます。

・メタン菌は分解時にメタンガスを発生させます。メタンガスは、都市ガスの主成分で、調理や発電に利用できます。生ごみから得られたメタンガスは再生可能エネルギーであり、これを使った発電はカーボンニュートラル(*1)です。

・また、発酵後は液体が残り、これは肥料(液肥)として農地で活用できます。このように、ごみ処理・発電・液肥の生産が同時にできることから、バイオガス化は循環型社会を構築する上で重要な技術として注目されています。

*1 カーボンニュートラル: CO2の排出と吸収がプラスマイナスゼロのこと。

当社は、小型バイオガスプラントを整備して、将来のバイオガス化に向けて取り組んでおります。
詳しくはこちらのパンフレットをダウンロードしてご確認ください。

PAGE TOP